ヨーロッパで暮らす ー 日独伊+瑞 日々の生活   メール
Home 日常生活 観光、旅行 お料理、レシピ その他あれこれ
ドイツの歯ブラシ

デッキブラシで
歯を磨くのですか
日本に一時帰国した際、歯医者さんに検診に行く機会がありました。先生は私の口の中を見るや一言、「うーん、頑張って磨いているのがわかるけど、磨きすぎで歯茎が退縮してしまっているね。」そういえば前日私が歯を磨くのに居合わせた母も「何か歯磨きとは思えないものすごい音がするんだけど」と呆れていました。私の歯磨きはそんなにひどいのでしょうか。歯磨き指導を受け、歯医者の先生と話すうちにどうも原因は私の使っている歯ブラシにあることがわかりました。外国の衛生用品は大きくて粗雑だと言いますが(女性のナプキンなどは有名な話です)、歯ブラシもご多分に漏れず巨大で硬いのです。そのため私はドイツの子供用の歯ブラシを使うようにしていました。これなら大人用より小さいし毛も多少柔らかいので使いやすいと信じていたからです。しかし日本の歯ブラシはドイツの幼児用より更に小さく繊細!持ち方も磨き方も全く違ってきます。ヨーロッパに住み始めてから歯肉後退や歯肉炎などの悩みが増え、年のせいだと信じていたのに、まさか凶器のような歯ブラシで自らの肉を削っていたとは。それも幼児用しか使っていないのに、大人用を使用していたら今頃口の中はどうなっていたんだろう。それでは我が家の武器庫に格納されている数々の歯ブラシをご紹介しましょう。

ドイツの大手ドラッグストアで売っている一番小さな歯ブラシ。7歳までの子供用で、「お子様の小さな口に合うように特別小さく角のないブラシヘッド。ブラシ先端も丸いので、乳歯を傷つけずきれいに磨けて歯肉もやさしくマッサージできます」との裏書きが。「2カ月ごとにブラシを取り替えましょう」ともあります。私が普段よく使うのもこの銘柄です。
別の大手ドラッグストアのジュニア用。こちらは「6歳以上の子供用に歯科技師が特別に開発しました。角のないナイロン毛のブラシが最初の永久歯に徹底した、いたわりのブラッシングと歯肉の優しいマッサージを保証します。」歯磨きアドバイスとして「毎回食事の後に3分間磨きましょう。最初に噛むところ、次に外側を磨きます。内側も忘れずに!2カ月に1回は歯ブラシを取り替え、年に2回歯医者さんに行きましょう」とあります。
ドラッグストアの一番安い大人用歯ブラシ。ブラシがまっすぐではなくギザギザになっているので歯と歯の間をきれいに磨けるそうです。「長い毛は歯肉を優しくマッサージし、短い毛は歯垢をきれいに落とします。先端の毛は斜めになっており、歯の内側と奥歯の掃除に最適。丸まった毛先は歯肉を傷めません」毛の硬さは「ミディアム」ですが、感触はどう考えても「ハード」です。
ドイツのスーパーの自社ブランド歯ブラシ。大人用の「ミディアム」ですがやはり硬い。「歯の構造に合わせて作られ、効果的に磨けます。丸められた毛先は磨く際に高度な安全を保障し、歯肉を傷つけません 云々」とお決まりの注意書きが続き、最後に「少なくとも1日2回は歯を磨きましょう。6〜8週間ごとに歯ブラシを交換しましょう。毎日デンタルフロスを併用しましょう。」とあります。
オーラルBというブランドの歯ブラシ。ほかのものより少しだけ小さいけれど毛は硬い太いミディアムです。裏書きはシンプルで、「1.歯をきれいにし 2.歯肉にやさしく 3.持ちやすい柄」と10カ国語で書かれており、中国製とあります。電動歯ブラシのコマーシャルをよく見かけるメーカーですが、普通の歯ブラシはいかがなものでしょうか。

スイスのスーパーのお得用歯ブラシ。巨大、質素、でもミディアムの毛は割と柔らかい気がします。「いたわり効果的な歯の掃除と、優しい歯肉マッサージ」の裏書きと、スイス製の表記があります。何度か使いましたが、口をデッキブラシで洗われる動物のような感覚に襲われます。



左はドイツの子供用歯ブラシ、右は日本の歯医者さん推奨の大人用歯ブラシです。ヘッドの長さも相当違いますが、横幅の違いもかなりのものです。毛の太さも左はタワシのごとくゴワゴワ、右は細く繊細です。左下の写真を見ると全体像がわかります。ドイツの6歳の子供はこんなもので歯磨きしても平気なのでしょうか。しかし訴訟や新法が国技のドイツで未だに歯ブラシメーカーが訴えられたとか、歯ブラシヘッド尺度法が施行されたという話は聞かないので、国民は満足しているのでしょう。右下の写真は上が大人用、下が子供用のブラシですが、どう違うのか私にはわかりません。
日本の歯医者の先生は、こちらにまともな小さな歯ブラシが無いことを憤っておられました。日本人の歯はこんな大きな歯ブラシで磨いたらだめになってしまう、歯肉も削れてしまうと。海外生活を始めるなら歯ブラシを日本で大量に買って行きましょう。だめになったら定型外郵便で送ってもらいましょう。例え数日の海外旅行でも、ホテルの備え付け歯ブラシは当てにならないのでしっかり自分の歯ブラシを持参しましょう。




+企業の商品開発アンケートやサンプル商品調査に参加して、ポイントに応じて現金や商品がもらえます+
マクロミルへ登録

Home 日常生活 観光、旅行 お料理、レシピ その他あれこれ


Copyright(C) 2012 Washira All Rights Reserved. フリー素材*ヒバナ *  *
inserted by FC2 system